花と音楽のある暮らし

花と音楽のある暮らし

2017年11月20日月曜日

17.11.19 祖父江の銀杏の黄葉

昨日横浜から来た家族は、香嵐渓に紅葉を見に行くのだと言っていた。
もちろん周辺の渋滞のことは承知済みで、早朝に到着するように出掛けると言っていたので大丈夫だろう。

こちらは今日も母親を連れて、カミさんと3人で祖父江の銀杏の黄葉を見にドライブ。
GoogleMapで調べたら、50分ほどかかるようで、まあ1時間と思っていたほうがいい。
ところが車のナビは30分で到着と出た。
早いに越したことはない。

一宮の市街地を抜けて西へ西へ、そして南へ。
「祖父江町ってこんなに南の方だったっけ」という頃には時間はどんどん押して、信号待ちやらちょっとした渋滞にはまると、結局GoogleMapの時間が正しかった。

西の方の雲はだんだん頭上にやってきて、雨がポツポツ降り始めた。
目的地の体育館に到着したときはかなり本降り。
ここには一般の車は駐車できないし、離れたところに駐めて車椅子を押すわけにもいかない。


車の中から銀杏も何本か見られたので、どこかでお昼にして帰ることにした。

帰り道の車の中からはあちこちに、みごとな銀杏の林・・・
樹齢何年だろうというような大木もあれば、ギンナンを収穫するために樹高を低く押さえている、ギンナン畑のようなところもあって、なかなか見ごたえがあった。

食べ物屋を探しながら走っていても、あまり見当たらない。
「家の近所に行ったほうが食べ物屋は沢山あるね。」
結局、家から2kmほどのところにある、ふだん近すぎて入ったことのない和食屋へ。

13時を過ぎていてもほぼ満席。
ちょうど運良く1テーブル空いた。


ランチはナス、かぼちゃ、ピーマン、ニンジン、しいたけ、ちくわなどの上にエビが乗っかったボリューム満点の天丼とざる蕎麦。

鍋焼きうどんや煮込みうどんなんかも美味しそう。
地元のリピーターが大勢いるのだろう。


ACAが協力している「ぐるっと木曽川サイクリング」が、極楽寺公園を中心に開催されている。
I戸PAPAもスタッフ参加すると言っていたので、「時間があったらふらっと寄ってみるよ」と言っていたのだが、路面は完全に濡れているし、まだ雲行きも怪しいので断念。

そういえば今日は各務ヶ原の航空祭もやっているようで、ジェット機の轟音が聞こえてきたりするのだが、灰色の雲に阻まれて姿は全く見えず。

今年は秋になってもすっきりしない曇り空の日が多い。

香嵐渓に行った横浜の家族からは、今年の香嵐渓はすごくきれいだったと連絡が入った。

にほんブログ村 自転車ブログ ロードバイクへ にほんブログ村 音楽ブログ 音楽のある暮らしへ にほんブログ村 花・園芸ブログ 花のある暮らしへ
どれか一つクリックお願いします(*^^*)

2017年11月18日土曜日

17.11.18 フルートレッスン

今日も忙しい日になりそう。
土曜日だけれど、平日と同じ6:30に起床。
雨の音が聞こえる。


横浜から来客の予定。
10:00くらいには到着するだろうか?

3ヶ月に一度の定期検診は9:30から。
病院に行く前にちょっとだけフルート練習。

KOEHLERの2番は難しくて、今日◯をもらえる確率は低い。
それでも最後まで悪あがき。


病院も土曜日にしては珍しく混んでいて、おかげでカズオ・イシグロの「わたしを離さないで」を順番待ちの間に読み終えて、図書館のポストに入れられたのは良かった。

しかしせっかく遠路はるばる訪ねてくれた人たちと話す時間は、ほんの30分位。



13:15からのフルートレッスンは、いつも通りソノリテから始まって、KOEHLERの2番。
クロマティック(半音ずつ上がっていく)の部分は「歌うように」。
あちこちつっかえて、うまくはできなかったものの、先回よりスラーとそうでないところがちゃんと吹き分けていたということで、ぎりぎり◯。

というか、来週もこれをもう一度仕上げにしてもいいし、3番に進んでもいいけどどうしますか?と言われて、3番を選択したことで、かろうじて2番に○をつけてもらったというのが実態。



自由曲の「アニー・ローリー」と「庭の千草」は美しい旋律で、楽譜として難しくはないものの、先生から問題が出された。

「この楽譜にはダイナミクスが書かれてないので、自分で強弱を考えて来てください。」
「ピアノから入りますか?メゾピアノですか?クレッシェンドなんかも付けてみてください」

音が上っていくところはクレッシェンドかなあ。逆に下がっていくところはディミヌエンド?
そのくらいしか分からない。
繰り返しのメロディーははじめにメゾフォルテくらいにして、次をメゾピアノにする?
反対のほうがいいのか?
なかなかの難問。


レッスンから帰ると、次男が来ていた。
このところ長距離を走るのが楽しくて、いろいろ探しては参加しているらしい。
今回も富士マラソンフェスタ2017を走ってきた帰り道。






富士山を眺めながらサーキットを約4周するハーフマラソン。
結果は年代別の2位。総合では4位。

副賞は地元名産品の詰め合わせ。
どんな競技でも表彰台に登れるようになれば楽しいだろうね。


にほんブログ村 自転車ブログ ロードバイクへ にほんブログ村 音楽ブログ 音楽のある暮らしへ にほんブログ村 花・園芸ブログ 花のある暮らしへ
どれか一つクリックお願いします(*^^*)



2017年11月12日日曜日

17.11.12 紅葉


昨夜サークルに顔を出す時に通りかかった「古知野神社」は銀杏のライトアップ。
元の木の葉がどんな色か分からないほど、辺りがオレンジ色に染まっていた。




久しぶりに母親を連れて、カミさんと近辺の紅葉の名所、継鹿尾観音 寂光院に向かう。
犬山遊園からの木曽川沿いの道は、この天気とあいまって美しい景観を見せている。
ほとんど渋滞というほどのこともない。
ただ対向車はかなりの列。
寂光院から、またはモンキーパークからの帰りだろうか。


寂光院方面に右折したとたん、渋滞が始まった。
駐車場が一杯で進めないようだ。
Uターンも難しいので、車列の右側を通って行けるところまで行ってみる。
車列は駐車場が空くまで待つ、気の長い人たちの列のようだ。
駐車場は無論一杯なので、通り越してぐるっと一周するようにして、桃太郎神社に向かう。
ちょうどお昼の時間なので、神社の正面の食堂で木の芽田楽の定食を食べる。
河原はキャンプ場になっていて、バーベキューをする人達で賑わっている。
食堂のすぐ下の道を行き交う人達も多い。





桃太郎神社にもモミジの木が何本もあるが、きれいに紅葉しているのは一本だけ。
全部が紅葉するのは、次の寒波到来を待たなければならないのかな。


尾張パークウェイを通って入鹿池へ。
以前は自転車で何度も通った道。
今日のように天気が良いと、また自転車で走ってみたいと思う。



入鹿池はワカサギ釣りの人で賑わっている。
真っ青な湖面に浮かぶワカサギ釣りのボートがいい雰囲気を醸し出している。
駐車場はほぼ満車。
一番奥の、見晴亭の駐車場が運良く一つ空いていて駐める。
すかさず寄ってきたのは、「犬山自転車散歩」で顔見知りになった、見晴亭のおじいちゃん。相変わらず元気な様子。
こんなにお客さんが来てくれたら、張り切らないわけにいかないだろう。

食堂に入って、ソフトクリームを注文。
それほどのポカポカ陽気。

サイクリングもいいけど、こんな陽気ならたまには母親を連れ出してみるのもいいかな。


桃太郎神社の写真を追加




にほんブログ村 自転車ブログ ロードバイクへ にほんブログ村 音楽ブログ 音楽のある暮らしへ にほんブログ村 花・園芸ブログ 花のある暮らしへ
どれか一つクリックお願いします(*^^*)

17.11.11 フルートレッスン

2週続けてお休みとなってしまったので、課題曲のKOEHLERの2番を重点的に練習してきた。
といっても、5段目の後ろの小節の難しいところは何度やっても曲の感じがつかめないので、つまずいたまま先に進めない。

そのうち1番の課題曲もあちこち間違えるようになってしまった。
2番がト長調なので、そのあと1番を吹くと、ついついファの音に♯を付けて吹いてしまったり、そこを間違えないように気をつけていると、他の音を間違えるようになったり。

当日の朝、とにかく1番だけでも○にしてもらえるように、2番のことは忘れて、1番を練習。


1番で最も注意するところはスラーとスタッカートをはっきりと吹き分けること。
ここのところが前回よりもちゃんと出来ていたということで、細かいミスは大目に見てもらい、一緒に吹いてもらって修正できたので、なんとか○をもらった。





2番は「譜読みはよく出来ています。来週は仕上げにしましょう」と、注意すべき箇所をいくつか教えてもらう。
まるまる2週間掛けてこの程度なのだから、あと1週間でどこまで仕上げられるかは、はなはだ疑問。









自由曲のジャンバラヤ(カーペンターズ)、涙の乗車券はともにアップテンポの軽快な曲。


ジャンバラヤは、4分音符=200と速いのと、途中でハ長調からニ長調に転調していること、トリルが何ヶ所か付いているところがポイント。
トリルのところで戸惑ったりして遅れてしまうところを修正。
一応◯にしてもらう。






ここで先生に一つお願い。
YouTubeで見るカーペンターズのライブでは、間奏部分のフルートがかっこよく決まっているので、ここを採譜してもらうこと。
自分では全く音が取れないし、譜面に起こしてもらってもきっと難しいんだろうな。



涙の乗車券は、こういう感じの曲ということでは吹けているが、16分音符と8分音符がタイてつながっているあたりの長さが正確に取れていないということで、来週に持ち越し。
苦手な部分。楽譜とにらめっこしても結局よくわからず、曖昧にしてしまうところ。
いつか克服できるのだろうか。



夕方からは別のサークルに顔を出して、21:30まで勉強。
このまま入会してしまいそう。
(これもあり、昨夜はブログ書きかけで、「下書き」にしたつもりが、「公開」になってしまった。)二日がかりのブログ。


にほんブログ村 自転車ブログ ロードバイクへ にほんブログ村 音楽ブログ 音楽のある暮らしへ にほんブログ村 花・園芸ブログ 花のある暮らしへ
どれか一つクリックお願いします(*^^*)

2017年11月5日日曜日

17.11.05 庭仕事と模様替え

愛知県サイクリング協会は「浜名湖一周」の日。
毎年ロングコースのオレンジロードを走ってきたが、今年はこれも取りやめ。

それどころか、昨晩はちょっと遅くなってしまったので、せっかくの秋晴れなのに早朝サイクリングもなし。

めずらしくゆっくりと起床して、遅い朝食。

今日の服装は裾を縛ったヨレヨレの綿パンに古いワイシャツ。
たしか、白洲次郎さんが疎開先(現在の町田市)で畑仕事をする時、ワイシャツにつなぎのズボンで、粋な感じだったから。
庭仕事をする特はそれをちょっと真似して。(でも鏡を見たら、似ても似つかないスタイル)

それはともかく、サルスベリや棒樫の伸び切った枝の剪定。



紅葉にはちょっとまだ早いようで、わずかにナツツバキやヤマボウシが色づき始めている程度。


紫色の花を咲かせた小さなサルスベリは、水彩絵の具をうすく混ぜたように色が入り混じっているのがおもしろく、このまま切らずにおいておく。



花は大したものがないが、小菊があちこちに勝手に咲いている。


隣の畑の方に出過ぎたのは、ただ切って捨ててしまうには忍びなく、カミさんに言って玄関に生けてもらう。


思いがけなく咲いているバラはロイヤルサンセット。
本来もっと大きくたくましくなるバラのはずだが、他の樹の根にじゃまされるのか、いつまでたっても弱々しい。
でも秋にも健気に咲いてくれるところが愛おしい。


サフランは咲くのがちょっと早すぎるんじゃないかな。



午後からは部屋の模様替え。
ちょっとベッドの位置を変えようとしたら、ベッドの下は積年の綿埃がたまっている。
あっちへ移動しこっちに寄せして、掃除機やブラシを駆使して、なんとか綿埃で窒息せずにゆっくり寝られるようにするのに半日がかり。


フルートの練習は2曲目が難しく、何度やってもうまくいかない。
そうこうしているうちに1曲目もおかしくなってきた。
レッスンは2週続けて休みだったので、今週の土曜日にはせめて1曲目は○にしてもらいたいのだが、どうなることやら。


扶桑図書館に予約してあった、ノーベル文学賞のカズオ・イシグロさんの「わたしを離さないで」が、借りられるようになったと連絡が入って、図書館に行ってきた。
試しに図書館のパソコンで「カズオ・イシグロ」と検索すると、10冊以上の本が全て「貸出中」になっていた。
もうそろそろ本屋にも出回っているだろうと思うが。

今週は他にも色々やることがあって、自転車に乗る機会はどんどん減ってしまう。
健康維持は毎日8,000歩の歩行が頼り。

にほんブログ村 自転車ブログ ロードバイクへ にほんブログ村 音楽ブログ 音楽のある暮らしへ にほんブログ村 花・園芸ブログ 花のある暮らしへ
どれか一つクリックお願いします(*^^*)

2017年10月29日日曜日

17.10.29 雨の日曜日は

このところ日曜日というと雨、しかも今回も台風接近。
フルートの練習もいいけど、KOEHLERの2番目が難しくてそう長くは続けていられない。



少しはローラーに乗ろうかと、異音のするローラー部のカバーを外してみた。
薄い円盤がずれて、カバーに当たり、プラスチックカバーのビス止め部分が破損している。
ナットを緩めようとしてもローラーが一緒に回転して、外れない。
少しだけ接触させてペダルを回そうとしても、重くて回らない。
素人には直せそうもないので、結局ローラーは開放にして、倒れ止めだけの役目。
ペダルは何の抵抗もなく、空回し状態。



3時頃、次男が立ち寄った。
めいほうスキーゲレンデを走る「明宝トレイルラン」に参加してきたそうで、10マイルレースにエントリーしたものの、台風の影響で半分の5マイルコース。
初トレランで見事第2位。
賞状と、副賞として明宝ハムをゲット。半分は我が家へのお土産。

さっきまで降っていた雨も止み、風もすっかり収まった。
夜空に星も輝いている。
明日からは秋晴れのもよう。

さて、週末はどうだろうか。


にほんブログ村 自転車ブログ ロードバイクへ にほんブログ村 音楽ブログ 音楽のある暮らしへ にほんブログ村 花・園芸ブログ 花のある暮らしへ

どれか一つクリックお願いします(*^^*)



2017年10月21日土曜日

17.10.21 フルートレッスン

教材はいよいよ ERNESTO KOEHLER 35 EXERCISES for FLUTE Op.33
そのうちの1冊目、Book1 Fifteen Easy Exersises



 「Easyとなっているけれど、決して簡単じゃないですよ。」
と言われるまでもなく、8分音符の連続で、しかもスラーとスタッカートをきっちり吹き分けることが要求される。

後半にはド・ド・シ・シ・ラ・ラとかミ・ミ・レ・レ・♯ド・♯ド・♭シ・♭シ・ラ・ラ・ソ・ソ・ファ・ファと、1オクターブ上下したかと思うと、次にスラーで横に移動するような縦横の変化が出てくる。

1週間かけて、何とか音が取れるようになってレッスンに臨む。

Allegro moderato<穏やかに速く>4分音符を96~104で。
スマホでテンポを90に設定して練習してきたので、速さよりできるだけ正確にと吹き始める。
おおむね練習通り出来たかな、と思った。



先生は「いいですよ。じゃあ気づいたところを言っていきますからメモしてください」
・4/4拍子なので、1,2,3,4(強、弱、中強、弱)が基本。
・4小節ごとに分かれ、最初が「問いかけ」つぎに「問に対する応え」という構成になっている。
・クレッシェンドからフォルテ、ディミヌエンド、次にallargando(おおきくゆったり)となり a tempo(元の速さに戻る)ところは音楽的に、豊かに表現する。
・1オクターブずつ下がる音の、下がった音が高い音より長くなっている、8分音符を正確に刻むこと。
・2つずつスラーでつながっているところは最初の音をはっきりとタンギングすること。
いっぱい注文がつく。

ある程度低音から高音まで音が出るようになっていればいいかと安易に考えていたが、ちゃんと抑揚の付いた曲として仕上げなければいけないらしい。
これが音楽というものか。

最後に、「1曲目はそれほどでもないですが、2曲目は皆さん難しいとおっしゃいます。次回は2曲目も、さらっと見てきてください。」


自由曲はカーペンターズの「オンリー・イエスタディ」
覚えやすい曲なので、何度かやっているうちに鼻歌で出てくる。
ただつなぎの部分は歌わないところなので、これは覚えにくい。

Youtubeでカーペンターズの歌を聴いたら、タン、タ、タッとリズムを刻んでいる。
メトロノームは タ、タ、タ、タとしか言ってくれない。
リズムマシーンが欲しくなる。



それはともかく、小節にまたがってスラーでつながり、裏から入るところは曲を何度か聴いたおかげで何とかサマになってきていたようで、問題はやはりつなぎの部分。
これも音の跳躍とアクセントとスラーの使い分け。
一緒に吹いてもらって、一応◯。


次回は「ジャンバラヤ」と「涙の乗車券(TIKET TO RIDE)」
曲は知っているものの、歯切れよく、曲調にあったように表現するところまで持っていけるかどうか。


にほんブログ村 自転車ブログ ロードバイクへ にほんブログ村 音楽ブログ 音楽のある暮らしへ にほんブログ村 花・園芸ブログ 花のある暮らしへ
どれか一つクリックお願いします(^o^)