花と音楽のある暮らし

花と音楽のある暮らし

2017年5月21日日曜日

気の長い話

今日は確かACAのロングライド、琵琶湖一周の日。
皆さん頑張って、あるいは思いっきり楽しんで走ってくるのかな。



バラの美しい季節。
うちの庭もピエール・ドゥ・ロンサールがやっと咲き始めた。



桃の実が南高梅ぐらいの大きさになってきたので摘果して殺虫剤を撒いておいた。
来週にの日曜日には袋掛けをしてやろう。


庭仕事の合間に金山まで足を運んだ。

新しいフルートの注文。
このところ毎週通って試奏させてもらい、決めたのはムラマツ。
サンキョウかアルタスあるいはパールが気に入れば予算内に収まると思っていたが、実際に吹き比べてみて感性に合うのはやはりムラマツ。
一生モノとして悔いを残さないために、予算オーバーもやむなし。

納得の買い物。
ただ残念なのはハンドメイドゆえの1年待ち。
今使っているYAMAHAがなぜか不調で、きれいな音どころか普通に音を出すことすら難しく、息が切れてしまって曲にならないので、早く何とかしたいのだが、1年待ちと言われたら確実に1年掛かるらしい。
それまで今のをメンテナンスしながら、だましだまし使っていくしかない。
ムラマツDSが届く頃、少しは上達していると良いのだが。


にほんブログ村 自転車ブログ ロードバイクへ

2017年5月16日火曜日

こばなしのたね

最近はすっかり自転車に乗らなくなってしまったものの、興味がまったくないというわけでもありません。

「チャリダー」は連ドラ予約をして、録画をたいてい午後9時以降に観ます。
最初は不要だと思っていた「坂バカ女子部」も、最近は力をつけてきて知らず知らず応援してしまいます。

9時以降というのは平日だとニュース。
スポーツニュースまでたっぷり1時間テレビ観戦です。
土曜日はだいたい録画を、日曜日は「クラシック音楽館」を観ることが多い。

今は焼酎。「隠し蔵」のお湯割りを呑みながら。
亀田の柿の種が欠かせません。



その亀田の柿の種の袋の裏側の「こばなしのたね」が面白い。
今日の話題は・・・
その26
ママチャリは海外でも大人気!
  ・・・・今や海外でもその頑丈さと使い勝手の良さで
  評価が高まり、「mamachari」という言葉がそのまま
  国際語として使われているのです!ロンドンに日本の
  ママチャリ専門店ができるなど人気は広まっています。

これって本当でしょうか?

でも確かにロードバイクにほとんど乗らなくなった今、ちょっとした近所への買い物には買ったものが入るくらいのカゴか荷台付きの自転車があると便利だなと、酔っ払った頭で考えています。

にほんブログ村 自転車ブログ ロードバイクへ

2017年5月14日日曜日

五月は何をするにも良い季節

ツツジの盛りが過ぎたので、まだちょっと早いかなとも思いながら刈り込んでしまいました。
ツツジの影に隠れていたサツキがたっぷりと日光を浴びるように。




ハナミズキの花は、五月の爽やかな風とともにハラハラと落ちてしまいましたが、代わりにヤマボウシがびっしりと花をつけています。
月の光を浴びたときのヤマボウシの、凛とした艶やかな姿は見惚れてします。




つるバラの貴婦人と称されるスパニッシュビューティーは、ピンクの花弁が大きく波打つ姿形も、豊かな香りも魅力的です。




フルートの練習はピーピーヒーヒーやかましいと思うのだけど、ココちゃんは癒やされているかのようにリラックスモード。いつもそばに寄ってきます。

2017年5月6日土曜日

新緑の5月

サイクリングでもなんでも、5月はどこへ行っても「目には青葉、山ほととぎす」新緑の美しい季節。
扶桑緑地公園でもいろんな鳥の声が聞こえていました。

でも、どこかに出掛けなくても、我が家の小さな庭も緑がいっぱい。
色とりどりの花も咲き始めています。

純白のツツジ
名前?
小ぶりなライラック
ナニワノイバラ

うの花
モッコウバラ(黄色)

キリシマツツジ

ドイツすずらん

ペチュニア

音符のように可愛い花を連ねる


ハナミズキ(白)

クリスマスローズ

















我が家の端午の節句は兜飾り、花は庭にあるもので間に合わせます。



これから薔薇の季節、スパニッシュビューティーもその名にふさわしい美しいピンクの花をつけ始めました。

今年の初乗りは木曽川サイクリングロード

ロードバイクに乗らなくても全然平気になってしまったが、ゴールデンウィーク中に一度も乗らないというのも後悔しそうな気がして、今年の初乗り。

5:30スタートしてすいとぴあ江南まで、すれ違う車はあるものの、追い抜いていく車は一台もなかった。
まだ早朝のせいなのか、GW中は車は遠方に出掛けているからか。


どちらにしても、早朝の清々しい空気と、まだ少し冷気を帯びた風が身も心も引き締めてくれて、久しぶりに爽快な気分。





すいとぴあ江南からそのまま木曽川サイクリングロードで138ツインアーチまで。
河原ではテントが立ち並び、葉栗町主催のイベントが行われるらしい。
H2ロケットはどんなパフォーマンスを見せるのだろう。



サッカー場まで行ってUターン。
ローディ達ともすれ違うようになる。
このあたりを走っているのはだいたい単独走。多くても3人のグループ。




フラワーパーク江南に立ち寄り。
園内はまだオープンしていないが、庭園は自由に入れる。
しかし自転車の乗り入れは禁止されているので、近くの池まで行って引き返す。


ほとんど風もないのに、25km/hくらいしか出ていない。
そんなに頑張ろうという気にもならない。
早朝の空気を胸いっぱい吸ってきただけで満足。


7時過ぎには帰宅したので、朝食は家族とともに。

   走行距離 : 29.0km
   走行時間 : 1:27:29
   平均速度 : 19.9km/h
   最高速度 : 39.3km/h


休みの日はこんな時間の使い方がいいかな。
同じコースばかりじゃ飽きてしまうと思うけど。


2017年2月5日日曜日

節分も過ぎたけど、寒さはまだこれから

節分の日、我家のアイドル「ココちゃん」がオニの真似をしてくれた。



ほんとうに人懐っこくて、来客にも大人気のココちゃん。
実は可憐な女の子。
あるときは赤ん坊のように甘え上手。
またあるときは脱兎のごとく素早い身のこなしで、狩人のよう。

相撲取りになったり、リスになったり、モグラになったりいろいろ変化するが、オニの顔は初めて。
もっとも本人(猫)に言わせれば、ただアクビをしただけかもしれない。






ローラー専用になっているルイガノのメンテナンス。
雨になる前に庭で、と思ったが朝から雨。
しかたなくブルーシートを敷いて室内で。

硬く絞った雑巾で水拭きと、チェーンのオイル交換。
灯油が豊富にあるので、プラスチックケースにたっぷりと入れてガラガラ、ガラガラ。
何度も回してみたが、すっかり焼け付いてカーボンのように真っ黒になったチェーンは灯油くらいでは落ちないらしい。
それでも歯の当たる部分はきれいになったので、とりあえず良しとしよう。

ウエスで灯油を取り除き、オイルを差して、ついでにGOKISOのセラミックチェーンオイルで終了。

これでケイデンス100キープが楽にできるか。


寒い時期は無理をせず、ローラーで体力維持に努めよう。
もっとも、何事につけても三日坊主だけど。



にほんブログ村 自転車ブログ ロードバイクへ




2017年1月15日日曜日

1月15日(日)

この日は三木さんの初幹事で、「尾張冨士、迫間プチヒルクライム」の探訪で、今年の初ライドを予定していた。

ところが天気予報は、土曜日から日曜日にかけて、雪!

実際、金曜の夕方には雪が舞い始め、TVでは大雪情報が流れている。
ACAの掲示板に、参加断念を書き込む。


土曜日から本格的な雪。
北陸から琵琶湖周辺、伊勢湾にかけて雪雲が流れ込んでkる。
「伊吹おろし」というのか、ちょうど北陸からの寒気が流れ込んでくる地形になっているらしい。


土曜日から辺り一面雪景色。



二階のベランダから自宅庭を撮影。


この様子じゃ例え土曜日に雪が止んだとしても、犬山方面にロードバイクで走るのは無理。
早めの判断は間違っていなかった。



一旦は小康状態になった雪も、日曜日にまた降り始める。
京都で行われた女子駅伝も、走っている選手の頭に降り積もるほどの降雪。



自転車に乗れない分、カロリー消費はウォーキング。
青木川の調整池にアオサギが一羽。
カメラを構えた途端にどこかへ飛んでいってしまい、写っているのはカモだけ。


それでも時間にゆとりがあるのは、色んな意味で好都合。
朝からゴミ出し、TV観戦、読書、フルート練習、など家事や趣味をこなし、一日まるごと楽しんだ。

おっと、土曜日のチャリダーは「チャリダー検定」
その中で、「ケイデンス100を5分間続ける」というのをローラー台でやってみた。
頑張って達成。


もちろん締めはワインと焼酎を飲みながら、まったりとTVを観る。
日曜日の夜は「クラシック音楽館」と「スポーツニュース」。
一週間の締めくくり。



「探訪」がなくなってしまったのは残念だが、充実した一週間だった。



にほんブログ村 自転車ブログ ロードバイクへ