風とともだち---週末サイクリング

愛知県サイクリング協会(ACA)の会員になって
名所旧跡や街道をポタリングしたり、美味しい物を食べて回ったりの「探訪あいち」や
ロングライド、ヒルクライム、グランフォンドと体力の限界に挑戦する「ツール・ド・あいち」など
苦しくも楽しい自転車ライフを満喫しています。

風とともだち---週末サイクリング

風とともだち---週末サイクリング

2015年12月28日月曜日

走り納め知多半島一周

15.12.27走り納め知多半島一周

12月27日(日)
今年のサイクリングを締めくくるACAの恒例行事。

年末は何かと気ぜわしく、その上カメラを落として壊してしまったり、ウエアー類もそろそろ買い替えが必要だったりで、ちょっとモチベーションが下がっています。

そんな訳でACAの掲示板もろくに見ず参加表明もしないまま、輪行であいち健康の森の集合場所へ。
久しぶりの人も大勢集まっています。初めて見る顔もたくさん。
最終的に56人集まったようです。

aQsimさん撮影

車の間にぎっしり固まって集合写真。
入りきらなかった人もいるようですが、混雑ぶりが写っていればそれで良し。


渋滞を避けるために、それぞれ気の合った仲間や走力が合いそうな小集団に分かれて、時間差を取りながらスタートしていきます。


トッシィーさんとI戸PAPAとtomoちゃんたちekicycleのグループで後方からスタート。
155線ではけっきょく長い列になってしまいます。
工事中で車線が狭くなっているので思うように走れません。
それでもトッシィーさんは前を追ってスピードアップしていきます。


まもなく知多市役所というところで、秋さんたちの集団も追い抜いてしまいます。
しかたなく後に続きますが、これではちょっと脚を使いすぎです。
ジャンキーストレートに入ると、どんどん抜き返されます。


ミシガンさんは高速トレインの後ろについて体力を温存しながら気持よく走ってきたそうですが、それだけのパワーを付けてきたのでしょう。余裕を持って新舞子マリンパークで待っていてくれました。

tomoちゃんたちはちょっと休憩してからというのでミシガンさんを先頭にリスタートします。
ぐいぐい牽かれて、みんな帰ってこれるかどうか心配になってきますが、行けるところまで付いていくしかありません。


途中、タロウちゃんが道端に立って応援してくれていました。
久しぶりなのでつい立ち止まってお話。
hbさんたちは20分も前にここを通過したとか。



遅れを取り戻そうと急ぎます。
が、ここで右膝に異変。膝の外側に痛みを感じるようになってスピードが上がりません。


一人遅れて野間灯台の先の塩の館に到着。みんな待っていてくれました。
ソフトクリームなら即効性があるかと、塩ソフトを食べながら、お昼はどこにしようかと相談します。
豊浜の東屋ならそう遠くはありません。




それでも頑張って走っているのにどんどん置いて行かれます。
帰りの農道のアップダウンが乗りきれるかどうか、かといって沿岸の道を引き返すなら、強風注意報が出ているほどの向かい風と戦わなければなりません。



 

東屋さんは賑わっていて、二階に通されたものの注文してから料理が出てくるまでに1時間も待たされてしまいました。
もっともその間、メカ好きの(昔の)男の子たちの話題はF1だのモトクロスだの、その詳しさと言ったら何時間でも話し続けていられそうなほど。
やっとでてきた料理はみごとな盛り付け。待ったかいがありました。



師崎からはすぐにゆったりとした上りです。
そのあと左折してからはアップダウンの始まり。

いくつかアップダウンを繰り返しているうち つくさんと女性2人のグループに合流。
トッシィーさんやミシガンさんそれに菰野のカンさんなど元気いっぱいの人には先に行ってもらってつくさんに同行することにします。
I戸PAPAはどうしようか迷いながらも付き合ってくれます。


消防車が何台も止まっているのは山火事の消火でしたが、上りの途中で乗り直すのは大変です。
上りではどうしても脚に力を入れてしまい、痛みが強くなってきました。





下ったあとの信号は止まらずに勢いをつけて上っていきたいのに、いつもよりスピードが出ない分、全部信号に引っかかって止まることになってしまいます。
心配したとおり脚が攣り始めました。
つくさんが2RUNのタブレットを手渡してくれたのでそのまま飲み込みます。
さすがに誰もが効果を認める2RUNの威力。脚攣りはすぐに治まりました。


降りる時もそっと降りますが、乗るときはどうしても右足を曲げた状態から下に踏み込みます。
それがキンと膝に響くので、腕の力で乗り上げます。それが更に体力を奪っていく感じ。
何度も待ってもらって、最後の休憩場所のコンビニでは先に行ったミシガンさんや かむひあさんたちがちょうど出発するところ。


歩くよりは多少は速いだろうと、なんとか乗り続けやっと平坦地に来ましたが、平坦でも一人置いていかれます。
最後はトッシィーさんI戸PAPA、つくさん、女性二人。体調が相当に悪いんだろうかと心配しながら、最後の最後まで付き合ってくれました。


 

なんとか日が落ちる前にゴール。
待っていてくれたaQsimさんと話をしているうちに、暗闇が降りてきて冷えてきました。
つくさんたちは自走で帰るようです。
ブルベをやる人たちは体力も装備も整っているんですね。


今日もI戸PAPAが乗せて行ってくれます。
楽しくもあり辛くもあった、走り納めサイクリング。
少しは自重しろというサインか?逆に普段からもう少し練習に励めということか?
いずれにしても年末年始は、のんびりとコタツに入って日本酒でも堪能するとしよう。


元旦サイクリング、熱田神宮と五社巡りはちょっと間に合いそうにないかな。


ロードバイクのバナー
応援よろしくお願いします(^^ゞ

2015年12月20日日曜日

ACA打ち上げパーティ

15.12.20打上げパーティ

12月も押し詰まって、今年も残すところあとわずか。

愛知県サイクリング協会の打ち上げパーティ。
今年を締めくくる大切な行事です。
今年の会場はKABUTO名駅。名古屋駅から徒歩10分くらいのところ。


つい最近になって携帯電話をスマホに変えたので、ユニモールの10番出口を出たところで「カブト名駅」を検索したら、地図が表示されて感激。
迷うことなく到着しました。


今年一年間あちこちで見かけた顔が集まってきます。
それぞれ気の合う人たちの席が埋まっていきます。


主にツールドの写真を集めて、スライドショーも上映されます。
ヒルクライム神坂峠のシーンには、筧五郎さんの笑顔もありました。
話の合間にそのときどきの思い出がよみがえります。



表彰対象者の数を抑えたとはいえ、各種目の表彰が続いていきます。
ツールド総合優勝、ロングライド、グランフォンド、ヒルクライムの各賞。


不動のトップを脅かす若手も台頭してきました。
来年も全ステージで優勝を狙うという力強い発言も。
ベテランも負けてはいられません。結束して奮起してもらいたいところ。



探訪のポイント賞は5年間続けた私の手から、次の世代へと引き継がれました。



抽選会は悲喜こもごも。
年間パスを引当て満面の笑みを浮かべる人。
毎年ハズレの人。それでも最後には何かがもらえてちょっと得した気分。

入れ替わり立ち代りの尽きぬ話の中で、いつしか時間も過ぎ解散となりました。


話し足りないのは場所を変えてということで、名駅から笹島に場所を移し、数名でと思ったら意外にも十数名の大所帯。
コーヒー1杯で楽しい話題で盛り上がりました。

来年もいっぱい参加して、楽しい時間を共有しましょう。

ロードバイクのバナー
クリックしていただけたら嬉しいです

2015年12月7日月曜日

KTMさんのチタイチ忘走会

15.12.06KTMさんのチタイチ

12月6日(日)久しぶりにKTMさんの呼びかけのチタイチ忘走会に参加。
本当の名前は「第4回SHOROs大忘走会」というものですが、SHOROsメンバーではなくても受け入れてくれる、ゆる~いチタイチです。
いつものコンデジが壊れてしまったため、古いのを引っ張りだして持ってきました。


輪行で新舞子まで。
新舞子マリンパーク駐車場には7:30前に到着。
KTMさんや他のメンバーも集まってきています。
ブログの中の似顔絵で顔なじみの人も何人かいます。


8時過ぎに休憩所のある広場の方に移動して集合写真。
ざっと数えたところ、約50名。
さすが、自転車ブログNo.1。
ブログの端に案内を載せただけで、遠くは大阪、浜松からも参加されたようです。


大所帯のため、数名ずつグループ分けして走り出します。
きちんと決められたわけでもないのに、6~7名くらいのグループで間隔をとっています。



私は最年少のショット・ガン君に声をかけて一緒に走ることにしたら、女性2人も付いてきてくれることになりました。
普段はレース志向で一般道はあまり走らず、その代わりローラー台には毎日乗るというsatoさんが先導を引き受けてくれました。
一定の速度でときどき後ろを振り返っては様子を見てくれるので、7名が隊列キープ。



海岸線をどんどん進んで、坂井海岸でトイレ休憩。
先発隊も全員集合している模様。
日差しが出てきて、みんな日向ぼっこでもしているようにあちこちで話の輪ができています。
一向に動く気配がないので、KTMさんとショット・ガン君が先に動き出しました。
それをきっかけにだらだらとみんな動き始めます。


  

野間灯台でもたっぷり時間を使います。
反対側の空き地では東海学生駅伝のチアリーダーが準備を始めています。
もうそろそろトップグループが走ってくる時間なのでしょうか。


山海のあたりだったか、駅伝のトップ選手が反対側車線を走ってきました。
エンジ色のユニフォームは愛工大か?続いて中京大、その次に名大。
そのあと少し離れて、各校の選手が次々に走っていきます。
選手たちは苦しそうな表情ですが、我々は追い風に乗って快適に飛ばします。


コンビニ休憩している人達の姿が見えましたが、師崎までは近いと勘違いして、休憩せずこのまま師崎まで突っ走ることにします。
向かい風に変わると、後ろからするするっと上がってきて先頭で風を受けてくれる人がいます。
こういうところがSHORO'sのメンバーの思いやり、気遣い。


師崎の入口でKTMさんとショット・ガン君が誘導してくれています。
師崎の先端に到着。

 
 

ここでもみんな特に何をするでもなく、小グループで話をしたり自転車の細部をチェックしたり、まったりとした時間を過ごします。
私と同じような年代の人もいて、楽しい話を聞かせてくれます。
全員が集まったようなので、また誰かが号令をかけるわけでもなく、適当にスタートしていきます。


   

帰路は知多半島の背骨道。
スイセンロードとか味覚の道とか名前が付いていますが、広域農道で舗装はきれいだし車は少ないので走りやすいのですが、峠がいくつあるともしれないアップダウン連続の道です。
私のグループには女性も2人いて、ゆっくりペースなので助かりました。



えびせんべいの里で集合。
試食をしたりコーヒーを飲ませてもらったり。
ここが最後の休憩場所のようです。
たっぷりと時間をとってもまだ動く気配がありません。
2~3人がはぐれているもよう。
KTMさんを残して、そろそろ出発です。


私のグループの女性が、レンタカーを返す時間の都合で、海岸線の平坦路で帰ることになり、satoさんや他のメンバーも付き合うことになって、いったんお別れです。

私はショット・ガン君が一緒に行きたいと言ってくれたので、当然既定のルート、つまりこの先またいくつものアップダウンを繰り返すことになります。
経験がモノを言うか、若さの前に屈することになるのか?まずは美浜ICから知多半島道路のアップダウンで様子を見ます。
自分が先行して、下りの勢いを利用して、次の上りを一気に駆け上がるところを見せます。
この辺りではまだ余裕でしたが、だんだん乳酸が溜まってきます。
前を行くグループはかなり速い人達。
できるだけ姿が見える位置で走ろうと後を追います。
ますます疲労が重なってきます。


前のグループの人達は余裕があり、三叉路では止まって、車の来ないのを確認して誘導してくれます。
そのあとまた前に出て行くといった具合。

桧原公園の坂で付いて行けなくなり、ショット・ガン君に前に行けと合図すると、「はい!」と応えて、するすると前のグループに付いていきます。
上りで離され下りで追いつくというのを繰り返し、なんとか新舞子まで来ました。
最後の新舞子ファインブリッジではショット・ガン君が先頭に躍り出て若さをアピールします。


 

マリンパークの休憩所でのんびり待つこと約1時間。


KTMさんや後発組が到着したようです。
ぞろぞろと外に出て、解散の挨拶。
そういえばこれだけの人数でトラブル無し、パンクすら一つもありませんでした。
KTMさんとも、他のメンバーの方たちともたくさんお話しができて、楽しい忘走会でした。
また来年も参加したいと思います。


      走行距離 : 84.73km
      走行時間 : 3時間50分51秒
      経過時間 : 7時間くらい(半分はおしゃべりタイム)
      平均速度 : 22.0km/h
      最高速度 : 48.1km/h

ロードバイクのバナー
クリックしていただけたら嬉しいです