花と音楽のある暮らし

花と音楽のある暮らし

2017年6月18日日曜日

急転直下

ムラマツフルートは注文してから1年かかると言われていたのに、どういう風の吹き回しか「入荷しました」と連絡があった。
まだ1ヶ月も経っていないというのに。

そりゃあ早いのは嬉しいが、気持ちの整理がつかず呆然。
初級の「アルテス」を終了したら、と思っていたのに、まだ最後の「ブーケ・20の二重奏曲」の途中の段階。これから難しい指使いが待ち受けている。

見た目の良さからインラインリングキーにしたから、きちんとキーが押さえられるようになるまで訓練が必要だ。

嬉しい半面、不安も抱えてしまったので早朝サイクリングも取りやめ。
ちょうど父の日だから、という理屈もちょっと無理があるなあと思いつつ、金山のバルドン・フィルステージにフルートを引き取りに行く。



北條さんに教えてもらったNHK-FMきらクラ!を聴きながら、玉手箱を開けるようにわくわくしながらケースを開ける。




一列にまっすぐに並んだリングキー。
ヘッド部分も右手の5キーで動く蓋も装飾されて美しい。
機能には関係がないと分かっていてもモチベーションは上がる。
これから長い付合いになるだろう。
お互いに助け合って成長していけるといい。


今日の庭はやはり紫陽花がメイン






そろそろ本格的な梅雨の季節。

ブログランキング・にほんブログ村へ
にほんブログ村

2017年6月11日日曜日

梅雨入りしても晴れ

朝日がまぶしい。
5:30に起床して身支度を整え、6:00スタート。
すいとぴあ江南のあたりでも少し雲がかかって、ひんやりと心地よい。

今朝は30kmくらい走ろうと思うので、木曽川沿いのサイクリングロードを138ツインアーチを目指して進む。
こんな時間でも、というか、この時間帯だからなのか、ランナーやサイクリストたちと何組もすれ違う。
ほとんど無風だが、川下に向かっていくので30km/h近くの巡航。

138ツインアーチを過ぎたところから、片道15kmのところを意識してサイコンを確認しながらの走行。




 名岐バイパス手前の、サイコンがちょうど15kmになったところで停車。
対岸は笠松町。その向こうに金華山。岐阜城が見える。

まわりの景色を写したついでに自撮り。


時刻は6:30をちょっと過ぎたところ。
ということはやはり30km/hで走ってきたということか?
もちろんそんな訳はなく、どちらのタイムも甘い方にずれているに過ぎない。



帰りはのんびりと。
雲間から太陽がのぞき、空がわずかに7色に染まっている。
吉兆。これからまたなにか良いことが起きそう。


フラワーパーク江南のアジサイを見に立ち寄る。
園内は自転車禁止のため、駐輪場に置いて歩く。


あじさいCollectionはほとんど西洋で改良されたような、色や形も可愛らしいものばかり。
ほとんどを名札とともにスマホのカメラで撮影。





朝食後は梅の実の収穫と生い茂った庭木の剪定。
昼食をはさんで夕方まで働きづめ。
ゴミ袋六杯分の成果。おかげで風通しが良くなった。

足腰が若干痛いのは久しぶりのロードバイクのせいか、庭仕事からきたのか。

周りの迷惑にならない程度にフルート練習も。

どれも贅沢な時間。


2017年6月4日日曜日

梅雨入り前の仕事

平日と同じように6:30に起床。
今は日の出時刻が4時30何分とかで、部屋に朝日が差し込むので5:30くらいには目覚めてしまうのだが、家族の生活のリズムというものもあるので、自分に暗示をかけて6:30までおとなしく寝ている。

7:30朝食のあとは、風呂のタイル目地のカビ掃除。
以前はカビキラーを掛けてブラシでゴシゴシこすっていたが、50℃以上の熱湯でカビは死滅すると言うので、今回は熱湯をかけて雑巾で丹念に拭く。
黒ずみの気になるところは白のペイント。

ついでにトイレもピカピカに。

庭はとりたててやるほどの仕事はない。
桃の袋掛けは先週すませておいたし、バラの花殻を切ってやるくらい。
梅の実はもうそろそろ収穫しても良さそうだが、まだシソの葉も手に入れてないので来週でもいいか。

今日の花












紫陽花が咲き始めて、間もなく雨の季節。


いつもの散歩コースは江南市の「健康の道」青木川沿いの舗装していない道。
今は夏草が茂って、草の実や虫がついてきそうなので1本外れたアスファルト道を歩いて江南市中央公園まで。
往復で8,000歩弱。






錦織君の全仏の試合が気になっていたが、TV中継はないらしい。
ネットニュースに、第4セットを0-6で落としたものの最終セットを取って、4回戦に進出を決めたと出ていた。幸運の雨。




2017年5月21日日曜日

気の長い話

今日は確かACAのロングライド、琵琶湖一周の日。
皆さん頑張って、あるいは思いっきり楽しんで走ってくるのかな。



バラの美しい季節。
うちの庭もピエール・ドゥ・ロンサールがやっと咲き始めた。



桃の実が南高梅ぐらいの大きさになってきたので摘果して殺虫剤を撒いておいた。
来週にの日曜日には袋掛けをしてやろう。


庭仕事の合間に金山まで足を運んだ。

新しいフルートの注文。
このところ毎週通って試奏させてもらい、決めたのはムラマツ。
サンキョウかアルタスあるいはパールが気に入れば予算内に収まると思っていたが、実際に吹き比べてみて感性に合うのはやはりムラマツ。
一生モノとして悔いを残さないために、予算オーバーもやむなし。

納得の買い物。
ただ残念なのはハンドメイドゆえの1年待ち。
今使っているYAMAHAがなぜか不調で、きれいな音どころか普通に音を出すことすら難しく、息が切れてしまって曲にならないので、早く何とかしたいのだが、1年待ちと言われたら確実に1年掛かるらしい。
それまで今のをメンテナンスしながら、だましだまし使っていくしかない。
ムラマツDSが届く頃、少しは上達していると良いのだが。


にほんブログ村 自転車ブログ ロードバイクへ

2017年5月16日火曜日

こばなしのたね

最近はすっかり自転車に乗らなくなってしまったものの、興味がまったくないというわけでもありません。

「チャリダー」は連ドラ予約をして、録画をたいてい午後9時以降に観ます。
最初は不要だと思っていた「坂バカ女子部」も、最近は力をつけてきて知らず知らず応援してしまいます。

9時以降というのは平日だとニュース。
スポーツニュースまでたっぷり1時間テレビ観戦です。
土曜日はだいたい録画を、日曜日は「クラシック音楽館」を観ることが多い。

今は焼酎。「隠し蔵」のお湯割りを呑みながら。
亀田の柿の種が欠かせません。



その亀田の柿の種の袋の裏側の「こばなしのたね」が面白い。
今日の話題は・・・
その26
ママチャリは海外でも大人気!
  ・・・・今や海外でもその頑丈さと使い勝手の良さで
  評価が高まり、「mamachari」という言葉がそのまま
  国際語として使われているのです!ロンドンに日本の
  ママチャリ専門店ができるなど人気は広まっています。

これって本当でしょうか?

でも確かにロードバイクにほとんど乗らなくなった今、ちょっとした近所への買い物には買ったものが入るくらいのカゴか荷台付きの自転車があると便利だなと、酔っ払った頭で考えています。

にほんブログ村 自転車ブログ ロードバイクへ

2017年5月14日日曜日

五月は何をするにも良い季節

ツツジの盛りが過ぎたので、まだちょっと早いかなとも思いながら刈り込んでしまいました。
ツツジの影に隠れていたサツキがたっぷりと日光を浴びるように。




ハナミズキの花は、五月の爽やかな風とともにハラハラと落ちてしまいましたが、代わりにヤマボウシがびっしりと花をつけています。
月の光を浴びたときのヤマボウシの、凛とした艶やかな姿は見惚れてします。




つるバラの貴婦人と称されるスパニッシュビューティーは、ピンクの花弁が大きく波打つ姿形も、豊かな香りも魅力的です。




フルートの練習はピーピーヒーヒーやかましいと思うのだけど、ココちゃんは癒やされているかのようにリラックスモード。いつもそばに寄ってきます。

2017年5月6日土曜日

新緑の5月

サイクリングでもなんでも、5月はどこへ行っても「目には青葉、山ほととぎす」新緑の美しい季節。
扶桑緑地公園でもいろんな鳥の声が聞こえていました。

でも、どこかに出掛けなくても、我が家の小さな庭も緑がいっぱい。
色とりどりの花も咲き始めています。

純白のツツジ
名前?
小ぶりなライラック
ナニワノイバラ

うの花
モッコウバラ(黄色)

キリシマツツジ

ドイツすずらん

ペチュニア

音符のように可愛い花を連ねる


ハナミズキ(白)

クリスマスローズ

















我が家の端午の節句は兜飾り、花は庭にあるもので間に合わせます。



これから薔薇の季節、スパニッシュビューティーもその名にふさわしい美しいピンクの花をつけ始めました。